松橋知朗 合同会社GPJベンチャーキャピタルは怪しい?稼げるのか?考察してみた

合同会社GPJベンチャーキャピタル MLM
合同会社GPJベンチャーキャピタル

副業のご紹介や相談受付をしています。このページから問い合わせください。

こんにちわ管理人のピリカです。

さて本日は『松橋知朗 合同会社GPJベンチャーキャピタル』について取り上げたいと思います。

合同会社GPJベンチャーキャピタルはベンチャー企業投資、創業支援、株式上場に関するコンサルティングを行っている会社のようです。

個人や企業経営者などから資金を集め、ベンチャー企業に投資し、そこから得られた利益を出資者に配当金として払うというビジネスモデルです。

そんな、合同会社GPJベンチャーキャピタルはしっかりした会社なのでしょうか?

中身を詳しく検証して、投資していい案件なのかどうか見極めます。

 

●ビジネスモデル

合同会社GPJベンチャーキャピタルのビジネスモデルは、大きくわけで2つあります。

1つめは、個人投資家や事業経営者から出資金を集め、ベンチャー企業へ投資する。
そしてそこから得た利益を出資者へ高利回りの配当金として償還するという仕組み。

しかも、元本保証だそうです。そもそも投資案件なのに元本が保証されているという時点で怪しいです。

そして、2つ目は、出資金の1部を暗号資産の引換券である「G8C」へ移行です。
今後「オリジナルG8Cトークン」なる暗号資産が完成したら、出資額が15倍になって換金できるとのことでした。この暗号資産が本当に上場して売買するときがくるかどうか全くもって不透明です。

 

●特定商取引法に基づく表記

運営会社 合同会社GPJベンチャーキャピタル
運営責任者 松橋 知朗
所在地 東京都中央区日本橋小舟町9番8号成瀬ビル4階
電話番号 03-5962-3196
メールアドレス [email protected]
会社URL https://www.gpj-vc.com/

特定商取引法において、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などの表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

表記については問題がないと思います。ただし、当たり前ですが特定商取引法に基づく表記があるからといって稼げるとは限りませんのでご注意ください。

 

●商材『合同会社GPJベンチャーキャピタル』について

合同会社GPJベンチャーキャピタルは過去に⾦融商品取引法違反で警告を受けています。
その際「重要なお知らせ」として文書を出しましたが、投資家に対する謝罪はなく言い訳と開き直りに終始していてとても酷い内容でした。

ちなみに、今現在もサイトは閉鎖しておらず営業を続けています。

証券取引等監視委員会

エラー404 お探しのページは存在しません。:金融庁

 

それでは、口コミをみていきましょう。

 

●ネタバレ・評判・評価について

出資金の1部を暗号資産の引換券である「G8C」へ移行するように勧誘していました。
元本保証で年利6%もの配当を謳っていたといいます。
また、「オリジナルG8Cトークン(暗号資産)」が完成した場合、出資額が15倍になるという謳う文句でしたが、実際は2~3年は解約ができないという落とし穴がありました。
松橋は最初から2年ほどで飛ぶ(資金持ち逃げ)つもりだったのでしょう。

引用:https://mama-blogger.net/%E5%90%88%E5%90%8C%E4%BC%9A%E7%A4%BEgpj%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%94%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%80%80ganapati%E3%80%80%E6%9D%BE%E6%A9%8B%E7%9F%A5%E6%9C%97%E3%81%AF

 

監視委によると、GPJは電話で約束を取りつけた後に対面で営業する「テレアポ」で顧客を投資に勧誘。GPJの社員権取得などを通じて、高齢者を中心に最大2042人をオンラインカジノや暗号資産を開発しているという親会社「Ganapati PLC」(以下ガナパティ)などに出資させたが、第二種金融商品取引業の登録をしていなかった。無登録での募集は違法行為に当たる。

166億円という金額は、監視委が裁判所に違法行為の停止・禁止を申立てた事例としては過去最高額となる。

引用:https://news.livedoor.com/article/detail/18063121/

 

ここまで見てきた合同会社GPJベンチャーキャピタルですが、やはり問題点があります。

・元本保証で年率6%もの配当はありえるのか
・金融商品取引業の無登録で営業
・暗号資産「オリジナルG8Cトークン」への投資が怪しい

などです。

まず投資にはリスクがつき物です。
普通に考えて、元本保証で利率6%もの金融商品ってありますか?
例えば1流企業の社債を買っても、倒産リスクはありますし元本保証ではありません。

引用:https://money-shikoku-design.com/gpjvc/

 

合同会社GPJベンチャーキャピタルの電話勧誘はとてもしつこいです。下手に電話をとってしまうと相手は勧誘のプロなのでうまくのせられてしまいます。断っても何度も繰り返し勧誘電話がかかってきます。最初から着信拒否にしておくのが正解です。絶対にとってはいけません。
そもそも本当にG8Cトークンなるものが稼げるなら合同会社GPJベンチャーキャピタル自体がそれに投資すればいいだけであって、なぜわざわざ電話勧誘しているのでしょうか?そこを考えれば答えがおのずとみえてくるはずです。

引用:https://breakingnews.is/review/2019/07/gpj-vc.php

 

●『合同会社GPJベンチャーキャピタル』のまとめ

ここまで検証して参りましたが、こちらの案件はおすすめすることはできません。

とにかく、評判が悪すぎますね。証券取引等監視委員会からの警告を受けても、謝罪することはなく開き直るような態度をする会社を信用することは到底できません。

また、ベンチャーキャピタルも仮想通貨もそうですが、本当に儲かるならGPJベンチャーキャピタル自身が稼げばいいのです。わざわざ、社員を雇って電話で必死に勧誘をする必要はないですよね。

そうする理由を考えれば、答えは出てきます。

仮想通貨のG8Cも誰も注目していませんから、流動性が低く最悪換金すらできないという事態になりかねません。

それでは本日はここまでです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

管理人ピリカ

タイトルとURLをコピーしました