ドラゴン・ストラテジーFX クロスリテイリング株式会社を考察する

ドラゴンストラテジーFX FX
ドラゴンストラテジーFX

副業のご紹介や相談受付をしています。このページから問い合わせください。

こんにちわ管理人のピリカです。

さて本日は『ドラゴン・ストラテジーFX』という商材について取り上げたいと思います。

先に申し上げておくと、情報商材サイトに出品されるような商材で本当に稼げるものは、ほぼ0です。まずはその考えに立って商材を検証していきましょう。
何故なら販売者の立場に立って考えるとわかりますが、本当に稼げるのであればわざわざ時間と労力とお金を割いて立派なランディングページを作って販売などしませんよね。
さらにアフィリエイトサイトが乱立するといった事もないと思います。

それでは本日も張り切って参りましょう!

 

●商材の概要

・みんなに同じサインが届くからそれに従うだけで初心者でも結果を出せる

・決済のサインも出るのでそれに従って決済する

・勝率7〜9割も当たり前の高勝率

・安定した収益を毎月狙い続けられる

・ポジション積み増しで大きな利益も狙える

・トレンドでもレンジでも利益を確保

・ドラゴンメーターでトレンドの強さが一目でつかめる

・指標発表時などの乱高下にも惑わされない損切りルール

・利益が少ない時は静観できる!

はい、私のブログ読者ならもうお気づきかと思いますが、この商材はインジケータとサインツールですね。FXのサインツールでは勝てないという事は散々書いてきました。

 

●特定商取引法に基づく表記

販売会社  クロスリテイリング株式会社
運営責任者  松野有希
所在地  東京都墨田区錦糸一丁目2番1号
電話番号  03-5244-5377
メールアドレス  [email protected]
販売URL  https://cross-projects.s3.amazonaws.com/drast-fx/sl/it.html

特定商取引法において、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などの表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

表記については問題がないと思います。ただし、当たり前ですが特定商取引法に基づく表記があるからといって稼げる商材とは限りませんのでご注意ください。

 

●商材『ドラゴン・ストラテジーFX』について

この商材は5分足のトレンドフォロー型トレードです。インジケーターのサインツールに従いトレードします。

サインの他にドランゴンバンドというボリンジャーバンドに似たインジケータや、ドラゴンメーターという相場の流れの強弱を示すインジケータがありますが、こんなサインに従うだけで勝てるなら今頃日本のというか世界中の人が億万長者になっていますよね(苦笑)

では、FX初心者の方ではなくて経験者の方であれば有効か言われると、残念ですがそうは思いません。結局のところサインツールは優位性がないので相場に応じて取捨選択する必要があります。取捨選択できるスキルがあればこんなツールに頼らなくても無料のインジケータで分析ができるはずです。

 

●ネタバレ・評判・評価について

いきなり最初の頃に絶賛してた奴らはどこ消えた?
今頃大金持ちになってても不思議では無いのだが
商材やセミナーでそんな声聞いたこと無いよな
最終的には殆ど全てがクソミソに言われて終了

引用:http://www.info-bonbon.com/investment/doragonsfx.html

 

勝率が7〜9割のシステムは存在しません。断言します。

引用:http://earningcredits.info/#FX-6

 

販売ページでは”高い勝率(勝率8割)”を派手に謳っている『ドラストFX』ですが、トレンドフォロー手法ですので、それほど高い勝率は期待しないほうが良いです。せいぜい良くて6割という印象です。ビッグトレンドを狙おうとすれば当然「ダマシ」にもあいやすくなります。とはいえ、しっかりと”押し目・戻り”を確認してから仕掛けることで「ダマシ」を避ける工夫があります。

引用:https://fxinspect.com/archives/9059

 

「ツールのロジック、成り立ちが全くわからない」
「指標の前提、理論、計算式が不明」
といった批評の声がネット上で多数、見受けられましたので、これはいわば「根拠(成り立ち)がよくからない指標」を組み合わせ、それをアテにしたサインを漠然と示すようなツールでしかないという事です。

引用:http://fx-traderxxx1104.net/?p=93

 

ロジックの中身や考え方はブラックボックスになっており、全くわかりません。
また、口コミにもあったようにサインツールは補助的なものというか、逆に分析の邪魔になってしまうんですよね。結局、裁量判断が必要になるならわざわざ高いお金を支払ってまでサインツールを使う必要ないですよね。

 

●『ドラゴン・ストラテジーFX』のまとめ

ここまで検証してきましたが、もちろんこの商材はお勧めできません。私が以前購入して痛い目にあったサインツールとなんら変わりません。このブログでは何度もお伝えしますが、サインツールはEA化してバックテストデータを提示していないとまず信用してはいけません。

まぁ、バックテストデータを出したら一発で優位性がないことがバレて売り物にならないでしょうが(苦笑)

もし購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、一度冷静になって考え直してみましょう。このブログを読んで購入を思いとどまってくれたら幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

管理人ピリカ

 

タイトルとURLをコピーしました